spmenu
FAQ

よくある質問

WB工法について

Q. WB工法とはなんですか?
A.

日本の歴史的建造物である金閣寺、法隆寺をはじめ、各地域の社、城などは木造で建てられているのにも関わらず、長いものになれば千年以上、少なくとも100年以上、どれも風化することなく当時の面影を残しています。

その秘密は湿気対策にあり、
昔の職人は建物の寿命は、木が腐ることと捉えていたことにあります。

WB工法は”Double breath”(ダブルブレス)
二つの呼吸という意味でさらに
Wood Build(ウッドビルド)木で建てる、木造とかけており
湿気対策と通気性に着目した歴史的建造物に採用されるシステムを現代風にアレンジした工法で、
開発元である株式会社ウッドビルド様と契約し技術をお借りしています。

WB工法は、外壁と内壁の二重の壁を用いて、その間に空気の層を設け利用します。
内壁に隙間1/1000㎜の透湿壁を採用することにより、湿気、ニオイ分子などは空気の層に吸われ外に排出されます。
(マスクの隙間は5/1000㎜、PM2.5は2.5/1000㎜以下、細菌は1/1000㎜、ウイルスは1/10000㎜の大きさです。)

湿気は、木材を腐らせたり、喘息やアトピー、鼻炎などのアレルギーの基となるカビやダニの増殖、部屋干しの異臭等、小さなストレスや健康へ害を及ぼします。そのような湿気の被害を防ぐため、自然な空気の流れで余分な湿気を排出させる仕組みとなっております。
また、その空気の層に、気温に反応し自動開閉する形状記憶合金を使い1年中快適な空間を作り上げます。

夏は空気の層が下から上へと換気のシステムへ変わり、湿気と熱気を床下の冷たい空気と共に上昇させることにより壁から室内の温度をさげます。
例えば、同じ30℃でも湿度が高ければ高いほど不快指数は上り、ムッとした不快な風が吹きます。逆に湿度が低ければ、カラッとした心地よい風が吹くので体感温度が違います。
一方冬は、北海道などの寒い地域で使われる二重窓、二重扉のような役割を果たすことで、冬でも10℃を下回ることはあまりないです。

WB工法は住んだ人の健康、すごしやすさに特化した工法なのです。
Q. WB工法はどんな人にオススメですか?
A. 特に子供の健康を考える人にオススメです。

お客様から寄せられる声の中には
「子供のアレルギー、アトピー、喘息、その他呼吸器系の症状が軽くなった、軽減した」
との声をいただいています。
薬事法にに抵触するため、断言はできませんが
家の中の湿度が高ければ高いほど
カビが発生し、アレルギーの基となる
ダニやハウスダスト等が空気を汚します。

WB工法ではそもそもの原因である
湿度に対策をしているので
昨今の高気密の住宅よりも空気がきれいなのです。
空気がきれいにすることは
アレルギーの対策にもなっているので
子供の健康状態にも影響しているといえます。
Q. 喘息や呼吸器系のアレルギーが治るというのはほんとうですか?
A. 確実に治るとは断言できません。

しかし、「咳をしなくなった」「病院の頻度が減った」「アトピーが改善された」「薬を飲まなくても平気になった」等たくさんの声が寄せられています。
Q. ペット臭がしなくなるのは本当ですか?
A. 断言はできませんが、一般的な住宅と比べれば違いは明らかです。

飼う生き物の種類や多頭飼いなどにもよって左右されます。犬の場合一頭まででしたら、ほぼ確実に消えることが確認されています。
Q. 形状記憶合金は伸びたり縮んだりするようですが、劣化してしまうことはないのですか?
A. 劣化はしません。

形状記憶合金は伸ばしたり縮めたりの可動耐久試験を10万回行っておりますが、劣化はしないとの結果を受けております。
(日数にすると、例えば1日に2回可動した場合、1年で730回、10年で7300回、100年で73000回となります)
Q. 通気制御部品の保証期間は何年ですか?
A. 10年間です。

形状記憶合金を使用した通気制御部品の保証は、10年間です。現場竣工後に施工した工務店より保証書が届きますので、大切に保管しておいてください。
Q. 透湿壁は特殊な構造をしているのですか?
A. DIYでも可能な構造です。

透湿壁といっても、一般に販売されている石膏ボードに透湿クロスを貼ったり、珪藻土や漆喰などの自然素材を塗った簡単な構造です。
Q. 透湿壁に汚れが付いて、化学物質が透過しなくなることはないのですか?
A. 石膏ボードの通気性が無くなることはありません。

石膏ボードのスキマは1/1000㎜で、ホルムアルデヒドの分子の大きさは1/1000万㎜ですので、油などでベッタリと汚れがつかない限りは、石膏ボードの通気性が無くなることはありません。
ちなみに花粉は3/100㎜、マスクの隙間は5/1000㎜、PM2.5は2.5/1000㎜以下、細菌は1/1000㎜、ウイルスは1/10000㎜の大きさです。
Q. 透湿クロスは一般に市販されているのですか?
A. WB工法で使用する透湿クロスは、WB工法専用クロスとなっています。

一般にも透湿クロスは販売されているのですが、透湿度が正確でない物もありますので、必ず透湿試験の数値を確認する必要があります。
※WB工法専用クロスは、全て透湿度試験を行っております。
Q. WB工法で建てた場合、建物のQ値(断熱性能)はいくつになりますか?
A. 各地域の省エネ区分に合った性能を確保しております。

WB工法では、品確法の省エネルギー対策等級4を取得しております。
したがって、Q値は、各地域の省エネ区分に合った性能を確保できます。
Q. WB工法は夏と冬で換気口が開いたり閉まったりするようですが、電気代はかかりませんか?
A. ランニングコストはかかりません。

WB工法の換気口は形状記憶合金を使用しているため、外気の温度を感知して自動的に動きます。
したがって、開閉することによるランニングコストはかかりません。
Q. エアコンの冷気が壁体から逃げてしまい、エアコンの効きが悪くなりませんか?
A. 悪くなりません。

WB工法は、壁の透湿効果と壁体内の気流で室内の除湿効果を高めています。
したがって、ビニールクロスを使用した建物に比べると室内の湿度を低く保つことができます。
これにより、エアコンを使用した際の除湿エネルギーを減らすことができ、エアコン効率を上げることができます。

実験結果から、透湿壁の建物とビニール貼りの建物では、除湿にかかるエネルギーを50.6%減らすことができ、エアコンの総体的なエネルギーも14.3%削減することができます。
Q. 冬は通気層があることで寒くなったりしませんか?
A. 寒くなりません。

冬は形状記憶合金により開口部が閉じるため、通気層があっても問題ありません。通常、外張断熱を行った場合でも壁体内に通気層はありますが、断熱性能は十分に確保できます。
冬は、断熱材の性能をどこまで上げるかで性能が決まりますので、WB工法でも通常の高気密高断熱工法でも性能は変わりません。
Q. 24時間換気をしなくても大丈夫なのですか?
A. 大丈夫です。

WB工法は、壁の透湿作用と壁体内の通気効果で室内の化学物質を厚生労働省の基準値以下に下げることができます。
したがって、換気が止まっていても化学物質の濃度が高くなる心配はありません。
しかし、建築基準法では、0.5回/hの換気を義務化していますので、取付けは必要です。
WB工法は換気システムに頼った住宅ではありませんので、高額な換気システムを付ける必要がなく、できるだけ簡易的な換気設備で大丈夫です。
Q. WB工法は通気層がありますが、通気層が伝達管になり各部屋に音がつたわりませんか?
A. 音が多きいなどの問題は発生しておりません。

通気層がある以上、音の伝達が全くないとは言い切れません。しかし、どの住宅でも間仕切壁は空気層になっていますので、それほど大きな違いはありません。
今のところWB工法で建てたうちで、音が多きいなどの問題は発生しておりません。
Q. 冬通気層が閉まった場合、壁体内結露は起こしませんか?
A. 木材と壁の調湿作用で壁体内の湿度を調節しています。

冬は木材と壁の調湿作用で壁体内の湿度を調節しています。
(40坪の住宅の場合、木材で2トン、壁で1トンの調湿能力があります)

また、冬通気部材が閉まった状態でも約10%の通気を確保しており、この通気により壁体内の湿気を少しずつ逃がします。
湿気が逃げるということは当然、熱も逃げるということになりますが、通気による熱の損失量はQ値に換算すると0.06W/㎡Kとなり、非常に小さな値で建物の温熱を損なうことはありません。
Q. 室内の湿気が壁の中に移動することはわかりましたが、その湿気がまた室内に戻ってくることはないのですか?
A. 逆転現象はほとんど起こりません。

通常、家の中で人が生活している場合、水蒸気分圧は常に室内側が高くなりますので、逆転現象はほとんど起こりません。
家の中で人が生活していない場合は、逆転もありえますが、生活していないのであれば逆転しても問題ありません。
Q. どんな住宅でもWB工法を取り入れることはできますか?
A. 出来ません。

WB工法は木材の調湿機能を活かした工法ですので、2×4、鉄骨、RC構造では取り入れることはできません。
(断熱の方法や防露対策を充分に行えば可能な場合も在ります)
Q. 海岸線に近い場所に新築を考えていますが、形状記憶合金が錆びたりしませんか?
A. 錆びません。

形状記憶合金はチタンとニッケルでできているため錆びません。
Q. WB工法は形状記憶合金を使用して、温度に応じて自動開閉すると聞きましたが、錆びたり埃が詰まったりして機能しなくなることはありませんか?
A. まず、サビについてですが形状記憶合金は、チタンとニッケルでできているので錆びる事はありません。
埃に関しては確かに可能性があります。特に地面の下側に着く、アンダーヘルスという地窓は埃が舞いやすい場所にあるためスムーズに動かなくなってくる可能性があります。
その場合は稼動するかどうか確認できるボタンがあるので、そのボタンを押して確認し、動かない場合は取り外して洗浄し、また再設置すれば問題ありません。
Q. WB工法は室内側に通気層を作ると聞いたのですが、火災のリスクが高まりませんか?
A. 一般的な住宅と変わりませんが、死亡リスクは減ります。

確かに通気層があると、炎上しやすい可能性があると思います。
そもそも火災で亡くなる一番の原因の8割は「窒息」してしまうことです。
炎に焼かれて亡くなる方はほとんどいません。

住宅の建材などに含まれる化学物質が燃えることで有毒ガスが発生し、それを吸い込むことで動けなくなり逃げ遅れるという方が多い様です。
火災で死亡してしまうリスクを下げるには、「どのような素材が使用されているか」それが大事になります。

特に一般的な住宅の壁の大部分に貼ることになるビニールクロスは燃えると有毒ガスが発生する場合があるので張らないことをお勧めします。
それからWB工法の通気層に熱で膨張する素材を設置することで、省令準耐火構造にも対応できます。
Q. WB工法は洗濯物を室内干ししても生乾きの臭いがないと聞いたのですが本当ですか?
A. 本当です。

ただ梅雨時期で雨続きになると乾きが遅くなることがあります。
それでも、生乾きの臭いがすることはほとんどありません。
Q. WB工法の家におすすめの暖房器具はありますか?
A. 省エネ対応のエアコンをオススメします。

また冷え性な方には床暖房もおすすめです。

WB工法は室内の臭いや化学物質などを湿気と一緒に壁を透過し、外へ逃がして家の空気をクリーンに保ちますが、強制換気ではありませんのでゆっくりと丸一日程度の時間が必要になります。
なので急激に水蒸気が発生したり、燃焼ガスによって空気を汚してしまう石油ファンヒーターやガスヒーターなどの暖房機器は、自然な透過能力をオーバーしてしまうため、オススメはしません。

エアコンは光熱費が高いイメージがありますが、最近のエアコンは省エネ性能が高くなっており、灯油より効率が良くなっています。

WB工法の家は、夏は通気層になっていた壁内が冬は暖かい空気を保つ保温層になるため、冬の断熱性能にもすぐれており、エアコンを少し使うだけで十分快適にお過ごしいただけます。
Q. 断熱材は何を使っていますか?
A. ネオマフォーム50㎜を使用しています。

より暖かくするため、一般的な住宅の約二倍つかっております。
そのかいあって、お客様から「冬でも朝起きた際、10℃下回ることがない」との声をいただいております。
Q. ビニールクロスは使わないのですか?
A. 欧州、ヨーロッパをはじめとする先進国ではビニールクロスはそもそもほとんど使われません。

実は、海外では機能性
日本はコストパフォーマンスを重視しています。

なぜ海外が低コストのビニールクロスを使わないのかというと、
素材そのものがビニールであることは変わらないので、
家自体がビニールカッパやビニールハウスでおおわれた状態になり
湿度が上がり湿気がこもりやすくカビが生えます。

するとカビにつられダニも増え、ダニにつられて害虫が増えるという連鎖が生まれます。
死骸が増え、ホコリやハウスダストが増えると、アレルギーやアトピー、喘息の原因になり健康からどんどん遠ざかります。

なので海外ではほとんど使用されないのです。
同じ理由でWB工法もビニールクロスを使用していません。

ZEH目標公表資料
WB HOUSE
耐震講法 SE講法
pagetop