spmenu
CONCEPT

コンセプト

立松建設が目指す家は
出来るだけ人為的な力を使わず自然の力を利用し
自然と調和し快適に暮らせる住まいです。

適切な温度と湿度を保ち
きれいな空気で満たされた空間を
お届けしたいと考えています。

そのために、
室内の余分な湿気やホルムアルデヒドなどの有害物質を
室内の壁の外側に存在する空気層を通して
室外に排出することができるWB工法を採用しています。

壁の中に空気を流すことで
シックハウスを防ぐことが出来ます。
また、湿気で木材が劣化しないので
家をいつまでも丈夫に保つことができます。

空気の流れにより夏は涼しい空間に。
冬は空気の層を作り暖かい空間を
つくり出すことができるのです。

また、近年さまざまな自然災害が発生しています。
安心して暮らしていくために
災害にも耐える強い家でなくてはなりません。

一般に鉄骨造、鉄筋コンクリート造で
作られた建物の方が
木造で作られた建物より丈夫なイメージを
お持ちではないでしょうか?
実は、綿が鉄より軽いと言えないように
一概に木材が鉄やコンクリートより
弱いという概念は間違っています。
強度が安定した木材を使い構造計算をすることで
鉄骨造、鉄筋コンクリート造と
同じ強度を確保できるのです。

大切なのは素材としての特質であると考えます。
たとえば木は調湿効果はあるが
鉄とかコンクリートにはありません。
また、鉄は曲げ強度には強いがコンクリートは弱いです。
それぞれ素材には良い点悪い点がざまざまあります。

立松建設では
木の弱点である強度の安定性を集成材で補い
構造計算を可能にしたSE構法を採用しています。

SE構法を採用することで地震に強いだけではなく
建物の壁量を減らすことが出来、
自由な間取りが可能となっております。

WB工法とSE構法を融合することで
長年住み続けていただける
家づくりを行います。

pagetop