spmenu
STRENGTH

4つのこだわり

夏涼しくて冬暖かい家

立松建設の推奨する「通気断熱WB工法」は、一人の大工の棟梁が考え出した、日本の風土に合った家づくりの形です。
土壁の原理を応用し、換気システムに頼らなくても深呼吸したくなる結露しない断熱性の高い家が実現します。
人は暑くなったら服を脱ぎ、寒くなったら服を着こみます。
そうやって季節に応じた服装をしています。
家も同じように、季節に合わせて衣替えすることができるのが「通気断熱WB工法」です。

エアコンをそれほど使わなくても夏過ごしやすい家

夏は、床下のひんやりした空気が建物の壁の中を上昇します。
壁の中を自然な空気が流れることで、建物を太陽光からの焼け込みの熱を緩和したり外気の熱気の影響を受けにくくし、湿気も一掃することで室内を快適な空間にすることができる仕組みです。

暖房の設定温度を下げられる冬暖かい家

冬は、上昇していた空気の進入口を遮断し空気を動かなくすることで、冬の冷え込みを抑えます。
壁の中の空気を動きにくくすることで空気の層ができて、気密性と断熱性がアップすることで室内暖房の熱が逃げにくくなります。
夏の通気性とは一変、冬は断熱性が高い状態になります。

湿気を通す壁

「通気断熱WB工法」は土壁の原理を応用しているので、臭いも化学物質も湿気と一緒に壁を通過して、屋外へ排出されます。
多くの高気密住宅が採用する機械換気システムを利用する室内換気をしなくても、室内ホルムアルデヒド濃度を低く抑えることができます(厚生労働省指標値0.08ppm)。
余分な湿気を壁を通して排出するので結露する心配もありません。室内は常にクリーンな空気で保たれます。
実験結果では、WB工法の部屋では機械換気停止後、臭気が上がるものの従来の高気密の部屋と比べて 1/2程度におさまっており、減少スピードも速いこともわかります。 また湿度においても、WB工法の部屋では機械換気を停止しても湿度にほとんど変化がありませんが、従来の高気密の部屋では湿気の逃げ場がないため、湿度が上昇していくのがわかります。

また、夏のエアコンの省エネ効果実験においては、平均で約15%のエアコン使用の削減効果が得られました。
夏の過ごしやすさを得るためには、湿気がたまってしまうビニールではなく透湿性のある壁材が有効です。
高温多湿の日本の気候風土で夏場快適に過すためには、土壁のように湿気を吸ったりはいたり、外に逃したりしてくれる機能があれば湿度を下げて体感温度が低くすることができます。
体感温度を低くできたことで、エアコンの設定温度を上げることや使用頻度を減らすことで省エネを実現することができます。

大切なのは湿度のコントロール

しかし、空気の流れを制御して通気性や断熱性や湿度を下げることを確保してもそれだけでは家の必要とする本来の断熱性能数値を出すことはできません。
「通気断熱WB工法」は、充填断熱工法の断熱材を使用し、国の定める「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づいた、省エネルギー対策等級4を取得しています。
ですが、この次世代省エネルギー基準は、断熱性を示す「熱損失係数(Q値)」と気密性を示す「相当すき間面積(C値)」の基準値が、住宅の省エネルギー性の目安となっており、湿度は加味されていません。
湿度を効果的に抑えることができる「通気断熱WB工法」であれば、さらなる省エネ効果を発揮することができます。

快適で家族が健康でいられるには、新鮮な空気を循環させ呼吸を家にさせることが必要です。

  • 夏涼しい
  • 冬暖かい
  • 湿気を吐出し結露を防止する
  • 有害な化学物質がこもらない
  • 木材が蒸れ腐りしない

という、家族も家も健康でいるために必要な5つを満たしています。

「通気」を取り入れるので夏は風通しがよく、「断熱」することで冬は暖かさを保ちます。
この「通気」と「断熱」によって日本の気候や風土に合った、心地よい風の流れる理想の住まいを実現します。

深呼吸したくなる家WB工法オフィシャルHPへ → https://www.wb-house.jp/
WB工法(WBHOUSE)CONCEPTムービーへ → http://www.youtube.com/watch?v=Iz-fpPyxHcs
pagetop